白髪染め後のシャンプー

トリートメントの仕方

白髪染めは、少なからず頭皮や髪の毛にダメージを与えています。
白髪染めが終わったら、必ずトリートメントをして、髪の毛を労わらなくてはいけません。
トリートメントにも様々な種類の物が販売されているので、ヘアカラー専用と書いてあるのが望ましいです。
普段使っているトリートメントではいけない訳ではありませんが、専用の物は、それなりの効果があります。
ですが、最近ではトリートメント成分が配合された白髪染めを販売しているメーカーも増えてきているので、使用する白髪染めの種類によっては、トリートメントの必要が無い物もあります。


弱酸性シャンプーでしっかりと洗い流す

白髪染めが終わったら、必ずシャンプーで髪を洗い流さなければいけませんが、どんなシャンプーを使っても良い訳ではありません。
白髪染めの成分はアルカリ性ですので、同じアルカリ性のシャンプーでは、更に髪の毛へダメージを与えてしまいます。
アルカリ性になった髪を元に戻すには、酸性のシャンプーを使えば良いのですが、ただの酸性シャンプーではいけません。
髪の毛は、わずかに酸性ですので、弱酸性のシャンプーを使うのが基本です。
ですが多くのシャンプーは弱酸性の物なので、それ程問題ではありませんが、念のためにシャンプーの成分を確認しておきましょう。
弱酸性シャンプーは、白髪染め後だけでなく、普段の洗髪にも使用できます。


キューティクルを与える

白髪染めをして傷んだ髪には、キューティクルが必要です。
シャンプーやトリートメントでも、十分にキューティクルを与えられない場合が多く、更なるケアが必要です。
その方法とはコンディショナーです。
コンディショナーを使う事で、更にキューティクルを与える効果が高くなり、髪の毛が弱酸性に戻るスピードを速めてくれます。
最近の白髪染めの中には、それ程髪の毛にダメージを与える事無く染まる商品もたくさんありますし、キューティクル成分が白髪染めに使われている事も珍しくはありません。
よってキューティクル効果のある白髪染めであれば、コンディショナーまで付ける必要は無い事もありますが、念のため付けておくのも良いでしょう。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.