白髪染めの注意点

白髪染めを行う時の温度

白髪染めに使う染料は、使う部屋の温度によって、仕上がり具合が変わる事を知っていましたか。
白髪染めの染料が入っている入れ物や箱に書かれている通りに染めたのに、うまく染まらないと思った事がある人もいるかと思いますが、じつは、説明書きに書かれている内容は、室内の気温が20度から30度前後の場合を想定して書かれていると言われています。
夏場は書かれている通りに白髪染めを行ったら、しっかりと染まったのに、冬場に白髪染めを行うと、うまく染まらない場合は、室温の違いが原因の可能性もあります。
室温が低い場合には、染めた後に少し時間をおいてから洗い流すと良いでしょう。


染まりやすい髪と染まりにくい髪

白髪染めを行う際に、染まりやすい髪質と、染まりにくい髪質があります。
染まりやすい髪質の人は、髪の毛が細くて柔らかい人で、染まりにくい人は、硬くて太い髪の人です。
しかし、今では髪の質に合わせた白髪染め製品がたくさん出ているので、自分の髪質に合わせた製品を使えば、特に問題なく染める事ができます。
また、男性の髪の毛より、女性の髪の毛の方が染めやすいとも言われており、男性用の白髪染めと、女性用の白髪染めに分けて販売しているメーカーもあります。


塗る量に注意

基本的に白髪染めを使う時には、少々多めに付けるのが当たり前ですが、最近の白髪染めは、染料が伸びやすい物もたくさん出ているので、少量の染料でも十分染まる場合があります。
少量で済む物を、大量に付けてしまうと、液だれの原因になり、体中に染料が付着してしまい、肌荒れや湿疹の原因になる事もあります。
更に目や口に染料が入ってしまうトラブルに合ってしまう可能性もあるので、使う前には必ず使用する量を確認し、使用用途を守って使うようにしましょう。
また、塗る量を多くしたからといって、早く染まる事はありませんし、逆に汚く染まってしまう事もあります。
白髪染めの種類によって、使う量は異なるので注意しましょう。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.