白髪染め後のシャンプー

白髪染め後のシャンプー

白髪染めを行った後は、しっかりと薬液を洗い流す必要があります。

薬液により髪は傷みやすい状態ですので、優しく洗いますが薬液は残さないようにしましょう。

ますます傷みやすい状態になります。




すすぎとシャンプー

白髪染め後は、しっかりとぬるま湯ですすぎを行います。

お湯が透明になるまで行いましょう。間違ってもすすぎを行う前にシャンプーで洗ってはいけません。

シャンプーで洗っても泡立たない上に、髪も傷みやすくなります。

しっかりと洗い流す必要がありますが、ゴシゴシと髪同士をこすりあうような洗い方では、髪が傷んでしまいますので、優しく薬液を落とす感じで洗いましょう。

シャンプーは1回ではなく、薬液をしっかり洗い流すため2回洗いましょう。

一般のシャンプーではなく、白髪染めを行った後は、ヘアカラー用シャンプーとトリートメントがおすすめです。

ヘアカラー用シャンプーは、髪を傷みから守るだけでなく色持ちをよくします。
髪に優しい弱酸性のものになっており、アルカリ性となっている髪のキューティクルを元に戻す働きがあります。

キューティクルが開いたままだと傷むだけでなく、せっかく染めた色が出てしまいます。

1〜2週間程度はヘアカラー用シャンプーの使用が望ましいです。
その後のトリートメントもやっぱりヘアカラー用を使用しましょう。



タオルドライとドライヤー

シャンプーとトリートメントを行った後は、しっかりとタオルドライを行い、ある程度の水分を拭き取ります。

擦り合うような方法ではなく、叩くようにして水分を取りましょう。
間違った方法ですと、白髪染めの薬液により刺激が加わっていますので、簡単に枝毛や切れ毛のできる原因となってしまいます。

その後、ドライヤーを使い乾燥させます。
ドライヤーも高温ではなく、ぬるい風で髪から離して当てます。あまり近いとこちらも髪を傷める原因になります。

完全に乾燥させるのではなく、ある程度の状態まで乾かすことで髪も頭皮も健康に保ちます。







商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.