白髪染めの成分

こんな成分には注意

白髪染めの成分には、良いメーカであれば天然成分を中心に使用するのですが、中には経費削減を行う目的などで、化学成分を混入させているメーカーもあります。
化学成分は基本的に肌に大きなダメージを与えるので、肌が弱い人などは、アレルギー症状が出たり、かゆみやじんましんが出る可能性もあります。
特にジアミン系染毛剤や、過酸化水素水と言った成分を使用している白髪染めは要注意です。
特にスーパーなどで安く売られている白髪染めなどに混入している事が多く、肌の弱い人は必ず確認するようにして下さい。
万が一アレルギー症状などが出たら、即座に使用を中止して、医療機関で診察して下さい。


天然海藻エキスが最適

多くの白髪染めメーカーで使用している成分が、天然海藻エキスです。
海藻は養殖している場合でも、基本的に農薬などは一切使わず、自然の海で育てます。
その為、海の豊富な成分を吸収して育った海藻には、豊富な栄養分が含まれます。
その海藻エキスを使った白髪染めには、肌にやさしくトリートメント効果がある物も珍しくはありません。
メーカーによって使っている海藻は違う場合もありますが、植物の場合は、農薬を使う場合が多いのに対し、海藻に農薬を使用する事は日本ではまず無いので、日本産の海藻であれば、安心して使用できます。


注目されているハーブ

白髪染めに使われている植物エキスは、ハーブ関係の物が多いのですが、その中でも最近注目されている植物が、ヘナと呼ばれている植物です。
ヘナは気温が高くて乾燥した地域に育つ植物で、主に中東やアフリカで栽培されています。
ヘナには赤系の色素が含まれている事や、他のハーブとの相性が良い事、肌にとてもやさしい事から、外国ではマニキュアやボディペイントにも使われています。
そんな肌にやさしい成分を利用しない手は無いと、最近では白髪染めにも使われるようになり、植物染料100パーセントと書かれている白髪染めには、このヘナが使われている事が多くなっています。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.