白髪染めの前にパッチテストを!

パッチテストとは

白髪染めを行う前に、パッチテストを行うことをおすすめします。

パッチテストは、使用する白髪染めによってアレルギー反応を起こさないか調べるためのテストになります。

事前に行うことによって、重篤なアレルギー反応を防ぐことができます。

炎症を起こしたり、かゆみを起こしたりする場合もありますし、ひどい場合ですと、呼吸困難などを起こすこともあります。

以前、同じ白髪染めを使用して大丈夫だった場合でも、使用する時の体調などによりトラブルが起こる可能性もあります。

毎回、白髪染めを使用する際には、パッチテストを行うことがよいでしょう。


パッチテストの方法

パッチテストには、まず実際に使用する白髪染めを用意します。

1剤と2剤を少量とり、小皿などで混ぜあわせます。

混合液の作り方は、使用するものによって違いますので必ず使用説明書を確認してください。

混合液を綿棒にとり、腕の内側などに塗布します。腕に塗布する理由として、アレルギー反応が出た場合でも簡単に洗い流せるからです。
塗る大きさは、コイン大ほどの大きさで塗りましょう。


塗布後は自然乾燥させます。
もし、厚く塗りすぎて乾かない場合は、ティッシュペーパーで拭き取ります。

48時間後まで経過を見る。
途中、30分ぐらいで一度、確認をします。

48時間後、肌に異常が見られない場合は、そのまま白髪染めが可能です。

少しでも異常がみられる場合には、白髪染めの使用はやめておいた方がいいでしょう。

もしも異常が見られた場合は、すぐに塗布した部分は洗い流し必要があれば病院へ行くことをおすすめします。



パッチテストの注意点

パッチテストを行い、異常が見られなかった場合でも白髪染めを行う時に異常が起こる場合があります。

その日の体調などで変化しますので、なるべくパッチテスト後すぐに行うことをおすすめします。
もし白髪染めを使用し始めて異常が見られた場合には、すぐに使用をやめ洗い流しましょう。









商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.