白髪染めの種類

ヘアカラーの特徴

白髪染めの種類として、ヘアカラータイプがありますが、ヘアカラータイプとは、髪の内部まで染料を染み込ませる事で、長時間効果が持続する事や、洗っても色落ちしないと言ったメリットがあります。
また、他のタイプの白髪染めと違い、しっかりと根元まで染まるので、バラつきが出にくい事も利点です。
ですが、髪を傷めてしまう為、あまり多用はできませんが、最近のヘアカラーには、トリートメント効果を持つ物が増えてきているので、髪の毛へのダメージも、昔ほどある訳ではありません。
しかし、全くダメージが無くなる訳ではないので、何度も使用すると、頭皮や髪に悪影響を与えます。
ですが、通常は1度染めれば3か月前後持つ白髪染めもあるので、何度も染める必要はありません。


ヘアマニキュアの特徴

白髪染めの種類は、ヘアカラータイプだけでなく、ヘアマニキュアタイプの物も出ています。
ヘアマニキュアタイプは、髪の毛の奥まで染料を浸透させるヘアカラータイプとは違い、髪の毛の表面に染料を付着させるタイプなので、染めるのに時間が掛からない事や、髪の毛へのダメージが少ない事がメリットです。
しかし、効果があまり長く続かないので、何回も染め直す必要があります。
更に、髪の毛を強く洗うと、部分的に色落ちする可能性もあります。
効果は商品や髪質によって多少変わりますが、2週間前後が限界と思われます。


一時的に染める白髪染め

白髪染めの中には、一時的に染める為の商品も数多く出ています。
忙しい時に、サッと染める事ができるので、ヘアマニキュアよりも短時間で染める事ができますが、スプレータイプの物が多くなっているので、ムラができやすいといった欠点もあります。
また、一時的に染めるだけなので、シャンプーをすれはすぐに落ちてしまいます。
どんなに良い商品を使っても、1度髪を洗えば効果は無くなります。
現在では髪を色々な色に染める人が多く、ムラができた時に使われる事が多くなっています。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.