生え際の白髪染め

生え際の白髪

しっかりと白髪染めを行ったとしても、髪は1ヶ月に1センチずつ伸びてきます。

1ヶ月経過すると、白髪が1センチは伸びていることになります。根元に白髪がチラホラと見えるようになりますが、髪や頭皮を傷める原因になりますので、頻繁に白髪染めを行うことができません。

白髪染めの間隔の理想としては、2〜3ヶ月になります。この間、何もしないでいると2〜3ヶ月の放置で、根元の白髪は2〜3センチ伸びてしまいます。

そこで生え際の白髪染めとしておすすめなのが、リタッチや一時染めです。


生え際をリタッチ

生え際の伸びてきた白髪だけを染める方法としてリタッチをおすすめします。

リタッチは根元を重点的に染める方法です。

白髪染めの方法とは違い、根元から染め始めます。
白髪染めを根元に塗布し、説明書に書かれている時間放置します。
放置後は、毛先に向かって薄く薬液を全体的に塗り伸ばします。

こうすることで、根元はしっかりと染まり前に染めた他の部分も浮くことなく、均一に違和感のない仕上がりとなります。

毛先に向かって塗り伸ばした部分は、放置する必要はありません。すぐに洗い流して大丈夫です。

この方法ですと、前に白髪染めを行っている部分の髪も、負担がかかることなく綺麗に染め上がることになります。



一時染めで染める

生え際だけを一時染めで染め上げる方法もあります。

一時染めという名前の通り、一時的に染めるものとなりますのでシャンプーをすることで洗い流されてしまいます。

スティックタイプのものやスプレータイプのもの、マスカラタイプのものなど種類も豊富です。

白髪染めをするのが面倒、傷みが気になる方などは、次の白髪染めまでの間、一時染めで対応しましょう。

来客があるという場合や、外出の予定などが決まっている場合だけ行えばいいので、髪への負担が少なくなります。

毎日、行う必要がありますので毎回時間が取れないという方はリタッチをおすすめします。






商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.