ドライヤーの使い方

ドライヤーの使用

ドライヤーを使うと髪が傷むのか、傷まないのか。
どうなのか、気になると思います。

実はドライヤーの後、髪を乾かす方がいいと知ってますか?

シャンプー後、濡れたままで自然乾燥を行うと髪が傷みやすいだけでなく、頭皮も冷え切ってしまいよくないのです。
頭皮が冷えると、血行が悪くなり薄毛の原因にも白髪の原因にもなります。

ドライヤーを高温で使用する場合には、髪を傷めますが温度を低くして使用することで髪を傷めずに済みます。




まずはタオルドライ

シャンプー後、ドライヤーを使う前にまずはタオルドライをしっかり行います。

タオルドライである程度の水分を取ってしまうことで、ドライヤーの時間を短縮することができます。

時間が短く済むことで、髪に与えるダメージも減ります。


ドライヤーの使用方法

ドライヤーの使用方法は、みなさんご存知だとは思いますが、やはり高温ではよくありません。

温度の切り替え設定が強弱の場合でしたら、弱で乾かします。
風量が強めのドライヤーがおすすめです。

ドライヤーを髪に近づけすぎずに、髪から10センチ以上離して風を当てるようにします。
同じ場所にばかり、当てるのもよくありませんので、髪にまんべんなく風を当てます。ドライヤーを振りながら当てるのがよいでしょう。

髪の根元に指を入れ、根元の方に風が入るように乾かします。こうすることで、髪の乾きも早くなります。


完全に乾かしきるのではなく、少し湿っている程度のところでドライヤーを当てるのを止めます。残りは自然乾燥で大丈夫です。

乾かしすぎると反対に水分不足になってしまい、乾燥しすぎます。



ドライヤー選び

髪に潤いとツヤを与えるドライヤーなどもありますので、このようなドライヤーを使用するのもいいでしょう。

しっとりサラサラの仕上がりになるものなどもあります。
マイナスイオンを発生させるドライヤーなども、ダメージケア出来るものとして、髪にとってよいと言えます。






商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.