部分染めと全体染め

部分染めと全体染め

白髪染めには、部分染めと全体染めがあります。

全体染めは、基本的に全体を染めるものですが、部分染めは一度白髪染めを行った後に、根元などの白髪が伸びてきた部分を染めるものとなります。

髪の成長は1ヶ月に1センチとなっていますので、1ヶ月もすると根元の白髪が気になってきます。

一度全体染めを行った後は、根元が白髪になってきても2〜3ヶ月間隔を開けなければ、髪を傷めるためできません。

気になる方は、2〜3センチも白髪が伸びてくると気になって仕方ないと思います。

気になるのが根元だけならば、部分染めがおすすめです。

使用しやすい白髪染めを選ぶことが大切です。


白髪染めの全体染め

白髪染めの全体染めは、初めて白髪染めを行う方におすすめです。

一度も白髪染めを行っていない場合、全体的に白髪がありますので、全体を染める方法が一番おすすめです。

黒髪も白髪と一緒に染めますので、同じ色に染められ綺麗な仕上がりになります。

全体を染めるには、薬液が伸びやすいものが使いやすいですので、液状のジェルタイプや乳液タイプがおすすめの白髪染めとなります。







白髪染めの部分染め

部分染めは、一度白髪染めを行った後に伸びてきた根元の白髪を染めることになります。

全体染めを行っていますので、前回染めている部分は白髪ではない状態です。

気になる根元だけが白髪ですので、全体の白髪染めを行ってしまいますと髪や頭皮が傷んでしまいます。

そこで行うのが根元だけの部分染めです。

根元だけ染めたいので、垂れにくいものがおすすめです。
液ダレしにくいクリームタイプになります。

このタイプですと気になる根元だけに塗ることが可能です。

最近は、コームがセットになっているワンプッシュタイプのものも出ていますので、簡単に部分染めができるようになっています。

最初に染めた部分が、退色してきた場合には全体染めを行うか、リタッチを行い全体的な仕上がりに違和感がないように染めあげましょう。







商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.