白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組みとは

白髪染めは、一般的に販売されているものはヘアカラーが多くなっています。ヘアカラーは、それぞれの役割をもつ薬液1剤、2剤を混ぜあわせるものになっています。

髪表面にあるキューティクルを開きますので、髪が傷むという難点があります。

もう一つ、ヘアマニキュアも一般的に市販されている白髪染めです。こちらは、髪を傷めることが少なくなっているもので、髪表面だけに染料をコーティングするものです。

白髪染めには、添加物が含まれていますので、髪を傷めるだけでなく頭皮への影響も少なくありません。
頭皮の状態が悪化すると、薄毛などの原因にもなると言われています。

白髪染めの仕組みを詳しく知る必要があります。


1剤と2剤の役割とは

ヘアカラータイプの白髪染めを使用する際に1剤と2剤を混ぜ、混合液を作りますが、この2つの薬剤の役割が気になります。

1剤に含まれるのが「アルカリ剤」と「酸化染料」です。
「酸化染料」は色を出す際に必要になります。「アルカリ剤」は、内部に浸透させるためにキューティクルを開く役割があります。

2剤には、「酸化剤」が含まれています。「酸化剤」は過酸化水素水ですが、1剤の「アルカリ剤」と混ざることで化学反応を起こすことになります。

化学反応で発生する酵素によってメラミン色素を分解します。

分解されたところへ、酸化染料の色が入ることになります。

「アルカリ剤」が髪に残っているとキューティクルが開いたままということになりますので、しっかりと洗い流します。


髪表面へのコーティング

ヘアマニキュアは、髪表面へ染料を定着させる方法です。

キューティクルを開くことがありませんので、髪が傷む心配がありません。
髪をコーティングするので、仕上がりもツヤツヤの髪になります。

染料を内部まで浸透させない分、効果の持続性がありません。
2〜3週間でどんどん色が落ちてくるのが難点です。

白髪が少ない方や傷みがひどい方は、こちらのタイプがおすすめです。







商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.