白髪染めの種類について

白髪染めについて

昔は白髪染めと言ったら種類もなく、選ぶことができませんでした。

最近では、個人で染める方が増え、白髪染めの需要も多くなっています。
種類も豊富でカラーバリエーションもたくさんあり、反対に悩んでしまうほどです。


白髪染めの種類

白髪染めには、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアケア、一時染めと種類があります。

ドラッグストアなどで、目にすることがあるのがヘアマニキュアとヘアカラーです。

これらの白髪染めには、それぞれに特徴があり、メリット・デメリットが存在します。

自分の白髪の進行具合や、自分の肌などに合わせて選ぶとよいでしょう。



ヘアマニキュアタイプ

ヘアマニキュアタイプは、髪表面に直接染料をつけるタイプになります。
髪をコーティングするタイプのもので、髪への負担が少ないのが特徴です。

髪をコーティングするので、仕上がりもツルツルのツヤのある髪になります。

表面だけに染料を定着させますので、効果が持続しません。
長くても1ヶ月程度しか持続しないのがデメリットになります。


ヘアカラータイプ

ヘアカラータイプは、一般的な白髪染めで、1剤と2剤を混ぜあわせて混合液を使用するタイプです。

髪のキューティクルを開き、メラミン色素を分解し、そこに混合させて作られた酸性染料で染めあげますので、色が入りやすく長く持続することがメリットです。

効果は2〜3ヶ月となります。

デメリットは、キューティクルを開きますので、髪の傷みが激しくなることです。
枝毛や切れ毛の原因になり、頭皮にも悪影響を与えますので薄毛の原因になる場合もあります。










ヘアケアタイプ

最近では、白髪染めシャンプーやトリートメントも出てきました。

今まで使用していたシャンプーを白髪染め用に変えるだけの手軽なものとなっています。

天然の色素などを使用しているものが多いため、肌に優しくなっており肌が弱い方や、アレルギー体質の方でも使用できるのが特徴です。

優しい色素なので、染め上がりに即効性がなく時間がかかるため即効性を求める方にはおすすめできません。

ゆっくり、徐々に白髪を染めたい方向けとなっています。



一時染めタイプ

一時染めタイプは、根元など白髪染めを行った後、伸びてきた部分を隠すために使用したり、耳元の白髪などを染めるのに使います。

シャンプーをすることで、色は落ちてしまいます。

何度も白髪染めを繰り返すのが嫌な方の、部分染めなどにおすすめします。

外出先にも持ち歩けるスティックタイプやスプレータイプ、マスカラタイプなどになりますので、気軽に使用できます。

急な来客などでも慌てることなく使用できますし、次回の白髪染めまでの間のつなぎとしても使用できます。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.