色・カラーの選び方

色とカラーの選び方

白髪染めを行う際に、どの色にしようか悩まれる方も多いと思います。

購入しようと思う白髪染めに、色見本がありますが実際に染めてみると
仕上がりに違いが出てきます。

この違いは、髪質や白髪の量などによって出ます。実際に使用してみないとわかりませんが、まずは自分が気にいった色を選ぶといいでしょう。

髪が傷んでいる方も、染まりやすい傾向にありますので、髪の傷み具合も色を選ぶ際に、考慮して選びます。





色は髪質によって変わる

同じ白髪染めを使用しても人によって、染め上がりの色に違いが出てきます。

元の髪が太くて硬い人は、一般的に染まりにくい傾向にあります。
太い、硬いという髪質の方は、仕上がって欲しい色よりワントーン明るい色を選ぶとよいでしょう。

薬剤を塗布した後、そのまま放置しますが、この時間も使用説明書に書かれている時間より5分程度長くすることでも染まりやすくなります。

この際、5分以上放置すれば、もっと染まるのでは無いかということで長くしてしまうと、髪が傷んでしまいますので注意が必要です。


反対に髪が柔らかく細い人は、希望する色を選んで大丈夫です。
放置時間は説明書に書かれている時間にしましょう。長く放置しすぎると染まりすぎますので注意したほうがよいでしょう。




白髪の量で変わる

実際に生えている白髪の量でも仕上がりに違いが出てきます。

白髪の量が多い人は、元が白い髪に染料を入れていきますので、パッケージの色より明るめの色に仕上がってしまいます。
ワントーン暗くすることで、落ち着きます。

反対に白髪の量が少ない人は、暗めの仕上がりになってしまいますので、黒髪が染まにくいことを考慮し、希望する色よりワントーン明るい色を選ぶとよいでしょう。

染める前の白髪の量で、差が出てきますので注意が必要になってきます。

白髪と黒髪がちょうど、半分半分という人は、希望する色よりワントーン明るい色を選ぶことをおすすめします。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.