白髪は抜くと増えるか?

抜くと頭皮を傷める

よく白髪は抜いたほうが良いと言われますが、それは伝説にすぎません。
白髪と言っても黒い髪の毛と色が違うだけで、他は何も変わりありません。
白髪にも毛根があり、抜けば毛根から引き抜いてしまう事になります。
草を根っこから抜くと生えにくくなりますが、普通にカットすれば何も影響はありません。
白髪も同様で、無理に抜くと次の髪の毛がなかなか生えてこなくなり、ハゲる原因にもなります。
自然に抜けた物は、寿命が尽きている上、次の毛根がある程度出来上がっているのでわりと早く次の髪が生えてきますが、無理に抜くと、まずダメージを修復する作業を行い、1から毛根を作るので、かなりの時間が掛かります。


抜けば余計白髪になる

白髪を抜いた後に黒い髪が生えてきた人はおそらく誰もいないでしょう。
結論から言ってしまうと、抜くだけ無駄ですし、無理やり抜くと余計に白髪が増えてしまう原因にもなります。
実は、白髪を無理に抜くと、頭皮にダメージを与えるので、その周辺に生えている髪にも悪影響を与え、本来であれば黒い髪が生えてきた場所から白髪が生えてくる事もあります。
髪の毛自体は1歩ずつ全て別物ですが、頭皮は1つで繋がっています。
当然1か所に異常が発生すれば、その周りにも悪影響を与えます。
重要なのは、白髪を抜く事では無く、しっかりとケアをして白髪を維持する事です。


どうしても気になる場合

白髪がどうしても気になる場合には、ヘアマニキュアや一時的に染めるスプレーなどで染めると気にならなくなります。
そこまで白髪が多くないという人は、白髪を根元の近くから切るのが良いでしょう。
例え白髪の近くの髪も一緒に切ったとしても、全く髪その物には影響がありませんが、抜けば影響が出る事は確実です。
数が少ないのであれば、白髪が気にならないような髪型にセットするだけで防げる事もあるので、それ程気にせずに、白髪をこれ以上増やさない努力をしてみるのはいかがでしょうか。





商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.