アレルギー反応に注意

白髪染めでアレルギー

一般的に販売されている白髪染めは、化学染料を使用しているものがほとんどです。

永久染毛剤と呼ばれるもので、キューティクルを開くことで髪の内部まで染料を浸透させることができるものとなっています。

人によっては、この化学染料により、アレルギー反応を起こす場合もありますので注意が必要です。

皮膚がかぶれたり、痒みが出たりするだけでなく、重篤なアレルギー反応のアナフィラキシーを起こす危険があります。

アレルギーが、出ない方もおりアレルギー反応には個人差があります。

アレルギー体質でない方も、使用前には必ずパッチテストを行うことをおすすめします。


アレルギーの原因

アレルギー反応の原因として、パラフェニレンジアミンがあります。

パラフェニレンジアミンは毒性が強いことで有名ですが、パラフェニレンジアミンにより、しっかりと染め上げることができます。

しっかりと染まるものは、パラフェニレンジアミンの含有量が多くなっています。

元からアレルギー体質の方は、特に注意が必要です。

重篤なアレルギー症状のアナフィラキシーも起こりうることです。
激しい呼吸困難や激しい咳、目の痛みなどの症状となります。

パラフェニレンジアミンは少量でも、皮膚炎や粘膜のむくみ、結膜炎などの障害が引き起こされる可能性もあります。

目にも入らないように注意しましょう。
目に入ると、炎症や充血などの症状で、激しい痛みが起こります。失明の危険性もあり、甘く見てはいけません。





アレルギー反応とは

ヘアカラーは、キューティクルを開いて染めあげますが、体に悪影響を与えるものを入れないように毛穴を閉じてしまいます。

毛穴が閉じてしまうことで、健康な髪が生えてこなくなり薄毛の原因になります。

他にも、人間の身体の免疫機能により、アレルギー症状が出ます。
抗体ができている身体に、異物が入ってこようとすることで抗体が異物を撃退しようとして、アレルギー反応が起こることになります。







商品説明


白髪染めの正しい使用方法


白髪の基礎知識


白髪染めの評判


白髪染めの基礎知識


白髪染めの方法


白髪の原因・予防


白髪に関する疑問


企業情報


Copyright(c)2011 白髪染めのおすすめランキングサイト All Rights Reserved.